🌸 6.鳥見山中霊時 (桜井市桜井)

千数百年の悠久の歴史と伝統を有する 等彌(とみ)神社

  等彌(とみ)神社は桜井市立図書館と多武峰に向かう道を挟んで北側に位置します。 

新たに建立された第一鳥居から神域に一歩足を踏み入れた途端、荘厳さに身が引き締まる思いがしてきます。見所も多く時間が許せば山頂にある霊時まで歩き、いい空気をいっぱい吸って山歩き(往復で約1時間)もおすすめです。等彌(とみ)神社は四季それぞれ趣があり秋には紅葉ライトアップなどいろんなイベントも用意されています。 

右の土偶?の写真ですが等彌神社のイメージキャラクターといってもいいヤタガラス?のご神像です。「桜井市史」によりますと、元文元年(1736)下津尾社の敷地内にある磐余の松の枯れ株の下から掘り出されたそうです。何とも奇妙なスタイルとお顔ですが、じっと見てると愛嬌があり、なんと「大和さくらい100選」のパワースポットの一つとしても選ばれています。

  神社のご由緒につきましては、当社のリーフレットを引用させていただきます。

 

「鳥見山の西麓に鎮座する当社の歴史は古く、十世紀前半に制定せられた『延喜式』の神名帳にすでに記載があります。千数百年の悠久の歴史と伝統を有するとともに、昭和十五年の紀元二千六百年当時には、旧村社から県社に列せられ、爾来、地元桜井は元より、全国的な崇敬に預かる県下有数の古社にして名社です。


境内には、百六十余基の石燈庖が並立し、参道を進むと上社「上津尾社」に至り、裏参道を下ると「下津尾社」に至ります。御祭神は、上社が天照皇大神 下社には八幡大神・春日大神をお祀りするとともに、その他八社(弓張・恵比須・金毘羅・黒龍・稲荷・猿田彦・愛宕・桃神)の境内社及び桜井市護國神社が鎮座されています。

 

 近年では、秩父宮勢津子妃殿下、鷹司和子神宮祭主様のご参拝を始めとして、神宮大宮司徳川宗敬様、同じく二條弼基様、作家佐藤春夫先生、詩人堀口大學先生、評論家で地元出身の保田興重郎先生など多くの文化人が参拝されました。境内には万葉歌碑やこれら諸氏の句碑・歌碑が十三基建立されており、一大文学の森を形成しています。」